認定ランサーになるメリット・条件についてガチ考察。必要な報酬額も【ランサーズ】

クラウドソーシング
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 87

「ランサーズで稼ぐには、認定ランサーになることが必須」

こんな話をよく耳にします。
確かにランサーズをよく利用する私も、認定ランサーの称号は受注率に大きな影響を与えると実感しています。

とは言え、

「そもそも、認定ランサーになるメリットって?」
「頑張ってるのに認定ランサーになれない」
「どれくらい報酬額が必要なの?」

こんな疑問を抱いている人は多いはず。

そこで今回は、ランサーズに登録して1ヶ月で認定ランサーになった私が、

・認定ランサーになるメリット
・認定ランサーになるための条件
・認定ランサーになるために必要な報酬額

について解説していきます。

上記の内容は既にいろいろな場所で解説されているので、本記事ではできるだけ独自の考察を交えながら解説していきます。

スポンサーリンク

そもそも、認定ランサーとは

下記がランサーズの定義する認定ランサーです。

「認定ランサー」とは、ランサーズに登録しているプロの中から、ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサーのことです。
認定ランサーは、返信速度・納品実績・獲得額・高評価などの条件を満たしています。

引用元:Lancers

ざっくり言うと、「ランサーズお墨付のランサー」。
クライアントさんが安心して仕事を発注できるということ以外にも、いくつか特典があります。

認定ランサーになる6つのメリット

ランサーズが提唱する認定ランサーのメリットには下記のようなものがあります。

1.認定エンブレムの付与
2.認定ランサー検索に掲載
3.メルマガ等への掲載
4.おすすめ案件のご紹介
5.サポート優先対応
6.チャットサポート

引用元:Lancers

ランサーズが提唱する認定ランサーのメリットについて、1つずつ考察していきます。

認定エンブレムの付与

これが間違いなく認定ランサーになる1番のメリット。

実力の有無に関わらず、クライアントさんからしたら認定ランサーのエンブレムだけで「信頼のおけるランサー」というイメージを抱いてしまうものです。

実際に私も認定ランサーになってから、明らかにプロジェクトへの提案が採用されやすくなりした。

非認定ランサーが同じプロジェクトに提案していても、負けることはほとんどありません。

認定エンブレムをもらえるだけでも、認定ランサーになるメリットは非常に大きいです。

認定ランサー検索・メルマガ等への掲載

これがどれくらいの影響を及ぼしているのか定量的に判断しずらいものの、認定ランサーになってから新規クライアントさんからの直接依頼は多くなりました。

文字単価1.5円以上の直接依頼も結構あります。

劇的に案件数が増えるというわけではありませんが、認定ランサーになるメリットと言えます。

おすすめ案件のご紹介

1回もご紹介頂いたことがございません。

ランキング上位に入れば、案内がくるのでしょうか。
今のところメリットは享受できていないので、何とも言えませんね。

ランサーズさん、僕にもおすすめ案件を紹介してください。

サポート優先対応・チャットサポート

1回も使ったことありません。

ただ、クライアントさんと何かトラブルがあった時にサポートを優先してくれるのは助かるかも。
無いよりは、あった方が良いってくらいのメリットだと思います。

認定ランサーになるための条件とは?

認定ランサーになるための条件はランサーズが公開しているため、多くの人が既にご存知かと思います。
念の為まとめると、

・メッセージ返信率(24時間以内)が80%以上
・納品完了率が90%以上
・過去1年間の報酬率が上位20%以内
・評価が4.8以上
・本人確認、電話番号確認、機密保持確認実施済み

引用:ランサーズ

ランサーズに登録して間もない人には難しいようにも思えるかもしれませんが、実際やってみればたいして難しい条件でもないです。

私はランサーズに登録して1ヶ月経たないくらいのタイミングで、下記のカテゴリーで同時に認定ランサーとして認められました。

・記事作成・ブログ記事・体験談
・Webサイトコンテンツ作成
・資料作成・レポート・論文作成

ここでは認定ランサーになるための条件について、1つずつ考察していきます。

メッセージ返信率(24時間以内)が80%以上

フリーランスとして専業で働いているなら余裕だと感じます。

そもそも1日以内にメールを返すなんて、社会人であればみんな普通にやってることですし。。。

普段は会社員でランサーズは副業という人は、返信率を落とさないように昼休みや休憩時間にメッセージを返信するのがおすすめです。

ちなみに届いたメッセージを無視するパターンであれば、返信率のカウントには含まれません。
テンプレ文章で送られてくる仕事依頼のメッセージに対しては、いちいち丁寧に返信する必要はないということです。

納品完了率が90%以上

これについても、普通に仕事をしていれば問題なし。

エスクロー後の仕事キャンセルはランサー側でしかできないシステムになっています。

よって受注した仕事は何があっても最後までやり抜けば、100%を維持するのも簡単なはずです。

過去1年間の報酬額が上位20%以内

基準が不透明で1番わかりづらい条件です。

報酬額が上位20%と言われると厳しい条件のようにも思えますが、ランサーズに登録するだけして実際は稼働していないという人も多数存在するので、実はそこまでハードルは高くないです。

詳しくは後述します。

評価が4.8以上

認定ランサーになるにおいて、間違いなく1番気を使うべき条件。

実際にランサーズでいくつか仕事をこなした人であれば分かると思いますが、要求通りの仕事をすればほとんどのクライアントさんが「5」の評価をつけてくれます。

ランサーとクライアントがお互いに評価をつけ合うシステムなので、ある種の馴れ合いの気持ちが生じ、お互いに最高評価をつけ合うのが一般的です。

相手に多少の不満があっても、低評価を低評価で返される報復行為を恐れ、なかなか「5」以外の評価をつけられません。

がしかし、そんなに甘くないこともある

しかしここで頭を悩まされるのが、平均評価を「3」とし、ガチ評価をしてくるクライアントさん。
(まぁ、これが正しい評価の形なのですが・・・)

多くのクライアントさんがほぼ無条件で「5」をつけてくれる中、これでもかと言うくらい高品質の記事を納めたつもりでも評価が「4」となることが稀にあります。

平均評価を「3」と考えれば「4」は十分に高く評価して頂いたと考えることもできますが、認定ランサーの条件を考えると結構痛いです。

5回中1回以上の評価「4」をくらうと、平均評価4.8を下回る計算なので、死活問題。

私の場合、

「素晴らしい記事をありがとうございます!こちらの期待以上です!次回も是非お願いします!」

と言う絶賛のコメントを頂き、文字単価を上げての継続依頼までしてくれたのに、評価を見たら「4」というケースもありました。

以降も何度も継続依頼をしてくれたのに、評価は毎回「4」。。。

「評価を5にしてください!」なんて言うわけにはいかないので、このようなクライアントさんと出会った時は正直頭を悩ませれます。

対策方法は?

評価4.8以上を維持するための対策は、「5」を確実につけてくれるクライアントさんの継続依頼を完了させまくるしかないです。

現在の自分の平均評価に対して何回「5」以外をつけられたら4.8を下回るのかは計算できるので、常に気を配っておきましょう。

本人確認、電話番号確認、機密保持確認実施済み

誰にでもできる作業であり、特に気をつけることもなし。

ランサーズに登録したらさっさと済ませておきましょう。

認定ランサーになるには報酬額はいくら必要?

私の場合、2018年11月末時点で約10万円を超えたタイミングで認定ランサーとなりました。

カテゴリーとしては、先ほども書いたように下記の3つです。

・記事作成・ブログ記事・体験談
・Webサイトコンテンツ作成
・資料作成・レポート・論文作成

副業でランサーズを利用している人にとっては大きな額に思えるかもしれませんが、専業のフリーランスであればむしろこれくらいの額はすぐに稼がないと、生計が立ちません。

専業フリーランスとして頑張り始めたら、知らぬ間に到達しているくらいの額なのかなぁと。

とは言えランサーズの登録人数は年々増えているので、認定ランサーになるために必要な報酬額(上位20%以上)もそれに伴って変動してくるかと思います。

あまり過剰に意識せず、目の前の案件を納品することに全力を尽くしましょう。

 

※2019年8月2日追記

Twitterを使ってアンケート調査した結果、現状のランサーズでは5万円以下でも認定ランサーになれる可能性が高いことがわかりました。

詳しくは下記の記事を参照してください。

【2019年最新】認定ランサーになるために必要な報酬額は?【ランサーズ】
認定ランサーになるために必要な報酬額、ランサーズ初心者の方は気になりますよね。本記事では「認定ランサーになるために必要な報酬額」についてアンケートを取り、その結果について掲載しています。まだ認定ランサーになっていない人はぜひご一読を。

まとめ

  • プロジェクトへの提案が通りやすくなるのが、認定ランサーの1番のメリット
  • 認定ランサーになるには、「平均評価4.8以上」の条件に最も気を配るべき
  • ライターであれば、認定ランサーに必要な報酬額は約10万円程度(2018年11月末時点)

ランサーズで稼ぐのであれば、とりあえず認定ランサーにはなっておくべきです。
認定ランサーになる条件も、ポイントさえ押さえておけばそれほど難しくもないはず。

いち早く認定ランサーの条件をクリアして、ランサーズでガンガンお金を稼ぎましょう!

クラウドソーシング「ランサーズ」

コメント