記事のタイトルに『奇数の数字』を入れると印象に残る!?【Webライター豆知識】

Webライティング
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 331

  一緒にお仕事してるディレクターさんに教えてもらった話です。

記事のタイトルに「奇数の数字」を入れると、読者の目に留まりCTR(記事のクリック率)が上がるらしい。

【草津といえばコレ!】おすすめのお土産6選!通販でも買える人気のお菓子を紹介
【草津といえばコレ!】おすすめのお土産7選!通販でも買える人気のお菓子を紹介
どちらが直感的に目を引きましたか??
(すでに「奇数」というワードを出してしまっているので、直感的という言葉の意味がなくなってしまっているかもしれませんが、、、)

論理的な説明はできませんが、確かに後者の方がなんとなく印象に残ります。

ついでなので、他の例も出してみましょう。

TOEICの点数を伸ばすための4つの秘訣!英語初心者でも実践できる勉強法を紹介
   VS
TOEICの点数を伸ばすための5つの秘訣!英語初心者でも実践できる勉強法を紹介
 
歌舞伎町No.1ホストが実践している3つのデートテクニック
   VS
歌舞伎町No.1ホストが実践している4つのデートテクニック
うーん、すでに「奇数」というワードが頭にインプットされているので、正常な判断ができませんね。笑

「言われてみれば、なんとなく…」というレベルなので、本当に人間の深層心理に関わる話なのでしょう。

感覚的には理解できるものの、論理的にはなかなか理解できないので、色々調べつつ考察してみました。

①奇数は「割り切れない」故に、信憑性のある数字と感じてしまう

数学的に偶数と奇数を定義するのであれば、

・偶数:割り切れる
・奇数:割り切れない

と切り分けることができます。

ここから考察するのであれば、

偶数▶︎割り切れる▶︎整っている▶︎人の手が加わっている▶︎何か不自然なもの
奇数▶︎割り切れない▶︎整っていない▶︎人の手が加わっていない▶︎自然なもの

 偶数は整った数字であるが故に、その場で思いついた作られた数字と感じてしまう。

一方で奇数は整っていない数字であるが故に、真なる疑問や問いかけと感じてしまう。

小学生の頃に教わった「奇数=割り切れない」という概念が、

「奇数は自然な数字で信用できる!」

という心理につながります。

②そもそも奇数は日本人にとって馴染みの深い数字である

結婚式のご祝儀を包む際、

「2万円、4万円、6万円は割り切れる(別れる)からNG」

とよく言われてますよね。

また、「4」という数字は「死」をイメージするから避けられたり、「7」という数字はラッキーセブンと呼ばれ好まれたりもします。

このように、我々日本人には意識的に偶数を避け、奇数を選ぶシチュエーションが少なからずあります。

馴染みのある数字だからこそ、目を引くという心理です。

③奇数ではなく、素数だから印象に残る

2、3、5、7、11、13・・・

「奇数」ではなく「素数」という部分の影響が強い説です。

数学者や科学者の人が「素数の魅力」についてたまに語っていたりもしますね。

素数/Wikipedia

(Wikipediaから素数の魅力を紐解こうかと思ったら、予想以上に書いてあることが難しかった、、、)

身近なところだと、数学の問題を解くときに行う「素因数分解」で我々は素数を意識的に探したりもしています。

素因数分解は中学2年生くらいで教わる話で、理系の人なんかは大学卒業までに何千、何万回と繰り返しているのではないのでしょうか。

数学者や科学者が語る「素数の魅力」を理解していなくても、素数は問題解決のために必要な「何となく気持ちの良い数字」として記憶にインプットされています。

スポンサーリンク

おわりに

記事のタイトルには『奇数の数字』を入れると読者の印象に残りやすい

調べてみると案外有名な話で、アフィリエイターさんやSEOに強いライターさんにとっては極々当たり前の話なのかもしれません。

私は初めてこの話を聞いたとき、思わず「なるほど!」と感動してしまいました。

今まで実践していなかったという人は、次回の記事執筆の際に参考にしてみてください。

そしてもしこの記事を心理学者の方が読んでいたら、ぜひ「奇数は印象に残りやすい」の論理的な根拠を教えてください。。。

コメント