MatiasのMac用メカニカルキーボードをレビュー【FK302-JP】

サービス&ガジェット
スポンサーリンク
この記事の所要時間: 651

Macの純正キーボードを使っている皆さん、ストロークが浅くて打鍵感が物足りないと感じることはありませんか?

私もMacの純正キーボードに不満を感じていた一人です。バタフライ式のキーボードって、ストロークが浅すぎてタイピングしてる感が薄いんですよね。

あまりのタッチの軽さに、タイピングミスをしてしまうこともしばしば。

 

ということで、Macの外付けキーボードを新たに購入してみました。

Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)」です。

Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)

お値段は1.4万円ほど。決して安い買い物ではありませんが、毎日使う仕事道具なので思い切りました。

「弘法筆を選ばず」とよく言いますが、私は弘法ではないので筆を選びます。

今回は、1日に1万文字以上のタイピングをする私が、このMatiasのMac用キーボードについてレビューしていきます。

スポンサーリンク

Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)とは

出典:DIATEC FK302-JP

「Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)」を販売するMatias社は、カナダに本部を置くPC周辺機器メーカーです。

日本における正規販売代理店はDIATEC社のみとなります。

まずは本キーボードの特徴や仕様についてみていきましょう。

キーボードの特徴

メーカー公式HPで謳われている「Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)」の特徴は下記です。

  • クリック感が強めのキースイッチが特徴のメカニカルキーボード
  • 一つ一つのキースイッチが独立し、メンテナンス性に優れる
  • Apple製キーボードと同様、ファンクションキーでスクリーン輝度や音量が調整可能
  • キーキャップの文字はレーザー刻印を使用しており、文字が消えにくい
  • 3つのUSBポートを搭載
  • テンキー付きのフルサイズキーボード
  • Apple製キーボードと同様のJIS配列

2万円以下で「テンキー付き+JIS配列メカニカルキーボード」という条件を満たすMac用キーボードはこれだけという部分が、購入の大きな決め手となりました。

 

東プレが販売する「REALFORCE for Mac」や「REALFORCE SA for Mac」もテンキー付き+メカニカルキーボードですが、どちらも2万円以上となってしまうので私的には予算オーバーです。

予算に余裕がある人は、より高性能な東プレ製を選んでも良いでしょう。

キーボードの仕様

外寸 幅46.0cm × 奥行16.5cm × 高さ3.5cm
重さ 1.25kg
ケーブル長 1.8m
スイッチ

タクタイルスイッチ
・アルプス互換
・押下圧:60±5gf
・キーストローク:3.5mm

フルサイズキーボードということでサイズは大きく、重さも1kgを超えるため、完全に据え置きで使う用ですね。

机が狭いとちょっと邪魔になるかもしれません。

ちなみに「テンキーはいらないから、もっとコンパクトなキーボードが欲しい!」という人には、テンキーなしの「Matias Mini Tactile Pro keyboard for Mac(FK303)」というミニサイズのキーボードもあります。

キーボードの配列

Macbook Airのキーボードと配列を比較してみましょう。

Macbook Air

Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)

まず大きな違いは、テンキーが付くという点ですね。(フルサイズキーボードなので当たり前ですが…。)

数字入力は圧倒的に速くなります。

加えて「home」「page up」「page down」のキーが付くのも便利なポイント。

「home」を押すとページのトップに戻り、「page up」や「page down」を押すと1画面分のページスクロールが行われます。

マウスまで手を伸ばさずともスムーズにページ閲覧ができるのはありがたいですね。

FK302-JPのおすすめポイント

実際にMatias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)を使ってみて、良かったと思える点についてレビューしていきます。

メカニカルキーボードの打ち心地が最高

とにかくキーボードを打っていて気持ちが良いです。

Macの純正キーボードは打っていて「サクサク」といった感じですが、FK302-JPは「カタカタ」といった感じ。ストロークが深く、押し込んだ後の反発も強いです。

キーボードをカタカタ打っていると「あ〜俺仕事してる」という感覚を得られ、タイピングがちょっと楽しくなります。

Mac純正キーボードのストロークの浅さに不満を持っている人は、確実に満足感を得られるはずです。

タイピングミスが減る

Macの純正キーボードを使っている時よりも、確実にタイピングミスが減りました。

ストロークが深く、キーを押すのに力がいる分、自然と1本1本の指の動きが独立するようになります。結果として指の動きが正確になり、タイピングミスが減るという感じですね。

とくに動作を独立させずらい小指、薬指周辺のキーに関しては、その効果が明確に現れます。

タイピングミスに悩んでいるという人には、ぜひ試してほしいキーボードです。

カーブしたキーボード面が指にフィットする

Macの純正キーボードは全体がフラットなのに対し、FK302-JPはキーボード全体に傾斜がついています。

奥行き方向にいくほどキーの位置が高くなっており、指がピタッとキーボードにフィットしてくれます。

ブラインドタッチが苦手な人も、ホームポジションを安定させやすい仕様です。

FK302-JPの残念なポイント

Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)には少々残念な部分もありました。

音がうるさい

キーボードを打つたび、「カタカタカタカタ」という音が響き渡ります。

この部分に関しては、メカニカルキーボードの宿命とも言えますね。

同じ部屋に誰かがいる場合は、普通に迷惑になります。オフィスで使っていても、隣の人にうるさいと思われるレベルです。

ただ個人的にはこのカタカタ音が耳に入ってくると「仕事してる感」を得られるので、むしろ好きだったりもします。

いずれにせよ、周囲に人がいる空間で使うのには不向きであり、自室での作業用のキーボードと言えます。

汚れが目立つ

キーボードの本体カラーが真っ白なので、ちょっとした汚れやホコリでも目立ちます。

神経質な人や綺麗好きな人は、かなり気になるはずです。

汚れに対してはアルコールティッシュ、ホコリに対してはエアダスターなどでこまめに対処しましょう。

まとめ

総評すると、Matias Tactile Pro keyboard JP for Mac(FK302-JP)は下記のような人におすすめです。

  • Macの純正キーボードの打鍵感が物足りない人
  • 打ちごたえのあるキーボードが欲しい人
  • 「テンキー付き+JIS配列メカニカル式」という条件でMac用のキーボードを探している人
  • タイピングミスを減らしたい人

値段こそちょっと高いものの、満足度は非常に高いキーボードです。

現状のMac純正のキーボードに満足していないという人は、ぜひ検討してみてください。

コメント